一般的な家庭で毎月必要になる光熱費といえば、上下水道のほかに電気やガスが挙げられます。また寒冷地では冬場になると灯油を使っての暖房も使用するため、電気やガス代などに加えて灯油代がかかる家庭もあります。このようにさまざまな種類のエネルギーを使っていると、ひとつひとつに基本料金が発生することもあり、毎月の光熱費はかなりの金額に膨れ上がります。
そこで近年注目されているのが、安全で便利なオール電化住宅。東日本大震災以降は電力問題などが摂り雑多されており、電気に対する考えかたも変わってきていますが、それでも根強い人気と急速な普及はやはり、圧倒的にコストダウンさせられるというメリットがあるからでしょう。
オール電化住宅にリフォームする場合に行われる工事には、キッチンのガスコンロをIHクッキングヒーターに変えたり、これまで使っていたガス給湯器をエコキュートという電気温水器に変更するものが挙げられます。新築でなければオール電化にできないわけではありませんので、これからリフォームを考えている方は一考の余地があると思います。

コメントを残す