外壁塗装リフォームの知っておきたいことって色々ありますが、少しづつ理解しましょう。

●遮熱と断熱の違い
遮熱塗料は、太陽光の中赤外線を効率よく反射し吸収を抑える働きで、塗膜表面の温度上昇を抑制そます。一方、断熱塗料は中空ビーズなどを利用して塗膜に断熱機能を持たせたもの。
●遮断熱工法とは(屋根塗装)

断熱性に優れた「断熱中塗り材」と「遮熱塗装」を組み合わせることで、熱伝導率の低い塗膜を実現し、室内環境の向上と冷房効率の改善に大きく貢献する塗装体系です。
① 断熱中塗り材
特徴
断熱性:熱伝導率の低いセラミックバルーンと有機バルーンを併用することで、より断熱効果があります。
柔軟な塗膜:雨音などの低減効果があります。
環境にも対応:水性、低VOC,環境ホルモン物質を含まず、環境に配慮した塗料設計。特にCOD値は極めて低い塗料です。
② 遮熱塗料
断熱中塗材との組合わせですぐれた遮熱効果を発揮します。特殊顔料が太陽光の赤外線を効率よく反射し、屋根の表面温度を抑えます。

コメントを残す