築年数がたてばたつほどに住宅が老朽化していくのはいうまでもありませんが、特に家が古くなって注意したいのは外壁のひび割れなどによる雨漏りです。新しいものであれば外壁材も割れにくいものが使われていたりするのですが、昔の外壁材にはいまより耐久性に欠けるものが多いため、街を歩いていても建物のひび割れというのは決して珍しくありません。つまり、どの家でも外壁が割れている可能性があるともいえるわけです。
外壁が傷んでいるのに、それを知らず放置したままにしていると、気がついたときには深刻なトラブルに発展していたということも少なくありません。ですから長期優良住宅の注文住宅であろうと、住宅を建ててからある程度の時間が経過したら、必ず定期的に外壁の点検を行い、気になる部分があればすぐに工務店などに相談することをおすすめします。目安としては、外壁のリフォームは10年に1回。状態を確認するのも、おおよそこの期間を参考にするといいでしょう。
早めに対処すれば、家の傷みも最小限ですませることができますし、なにより費用も少なくて済みます。

 

コメントを残す