新築に限らずリフォームを行ったりすることで理想の家づくりをするのは、そう簡単なことではありません。家族にはそれぞれの人生があり、その状態はそれぞれのタイミングでどんどん変わっていきます。それによって住む家も家族にとって住みやすくもなれば、その反対もあるのです。家の住み心地は、生活スタイルによっても大きく変わってくることを知っておきましょう。
また住宅は老朽化などによって雨漏りを起こしたりするように、傷みの問題から住み心地が変わってもきます。しかし年齢を重ねからリフォームを繰り返すのはとても大変なこと。それだけに、できればあまり年を取る前に必要なリフォームは行っておきたいですよね。
満足度の高い家にするには、いまの生活の状況に合わせることも大事ですが、もっとも住みやすくするには「いかようにも変えられる家」です。たとえば可動式の壁にして部屋の間取りをある程度自由にできたりするような工夫をしておくことです。

コメントを残す