最近では住まいの変化で完成度も高くなっていると思います。私は以前から一戸建てに住んでいて様々な問題に遭遇しました。やはり家造りで完璧だと思っても失敗するのです。
住まいは周囲の環境にも影響を受けるので注意が必要です。私は一戸建てが完成した後に地震の被害を受けて驚きました。そういう時に家造りで耐震を意識すべきだと思ったのです。
また家造りでは家族も地震への対策は必要だと言っていました。具体的には強度の高い家を完成させるという目標がありました。しかし良い素材を導入すると費用が高くなったのです。
その結果として家は一部が脆い素材を使っていたと思います。また壁も空洞が多くて地震には弱かったです。こういう後悔があるので一戸建てでも注意が必要です。
例えば色々な部屋の壁が薄いと揺れには弱いです。やはり壁の中は何かの素材で埋めるべきだと思います。それで頑丈な家にすれば災害にも対抗できます。
一戸建てを完成させるなら未来の生活イメージは必要だと思いました。