住宅の中でも木造住宅というのは、鉄骨住宅などに比べると地震に関しての耐震性という面ではどうなんでしょうか。 先年に発生した熊本地震では多くの木造住宅が倒壊したともされていますが、木造住宅は地震には弱いのでしょうか。 尤も、熊本地震の場合はダブル地震とも言われていて、強烈な揺れの地震が2回にわたって襲ってきたのでした。

ただ、木造住宅は比較的耐震性には優れているとも言われていますが、其れにはある種の条件があるようです。 木造住宅の一つの欠点として、其の作り方や手法、方法によってバラバラのばらつきがあるとされ、即ち、建築に際しての一貫性や統一性が無いこととも言われているのですし、欠陥住宅に陥りやすいともされているようです。
即ち、木造の耐震を十分に発揮させ此等を克服させるには、作業場や現場での充分な品質管理的な要素が必要とされているのです。

木造住宅の場合は、作業場や現場での加工や組み立てが多くなりますので、施工や作業管理の緻密さや「職人の技術や腕」によって叶えられるので、従って、木造住宅を計画したり検討する場合は、最も信頼のできる、信用有る施工業者や建築会社を選ぶことが建物そのものの耐久性や耐震性の面でも大事な要素になっているとも感じますね。